各界で活躍する卒業生たち

小さい頃から夢だった
美容のプロになるために!

美容クリニック勤務

渡邉清子さん

私は、小さい頃からメイク道具で遊んだり、人にメイクをしてみたり等、美しくするという事が大好きでした。大学ではまったく別の分野を専攻し、仕事をしていましたが、本当に自分が携わりたい仕事は、美容に関する職業だと思い、アカデミーに入学することに決めました。

美容について学んでいくうちに、本当に美しくなるためには、ベースであるお肌やボディの美しさがとても重要だなと感じ、エステティシャンの仕事を目指すことに決めました。

アカデミーでの勉強と仕事の両立は、時間的にも体力的にもかなり大変でしたが、無事卒業して振り返ると、本当にがんばって良かったなと思えます。

アカデミーを卒業してから、メディカルエステへの就職という、理想の転職ができました。

メディカルエステは医師が機械などを使い美容施術をするクリニックですが、その中で、私たちエステティシャンの役割は、仕上げのマッサージを行ったり、デコルテのケアをしたり、医師だけではできないサービスを行っています。

そして何よりも、殺風景になりがちなクリニックの雰囲気を、私たちエステティシャンのおもてなしやサービスにより、お客様に結果以外にも、心からの満足を得て頂くことが大切な役割だと思います。

これからも、お客様に本当に満足して頂けるサービスができるエステティシャンとして、美容の仕事を続けていきたいと思っています。

カラダの栄養だけでなく、
ココロの栄養も与えたい!

老人ホーム勤務

麥田圭子さん

私は、老人ホームで栄養士として働いていますが、自分が受けたエステをきっかけに、この感動を、毎日単調な生活を送りがちな老人ホームの利用者様にも、日常を忘れてしまうような特別感と共に味わって頂きたいと思い、アカデミーへの入学を決めました。

私は、理論を終えてから実技の勉強に入りましたが、実際人の肌に直接手を触れるという事は、日常生活ではなかなかないものなので、初めはとても緊張しました。

私がエステで受けた感動は、手を通じて施術者の心が伝わってくるからこそ、すばらしいものだったのだということに気づき、技術だけではなく、心を込めた施術でなければ人に感動を与える事はできないと思い、授業で学んだことを母の体を借りて、何度も何度も練習をしました。

そして、無事アカデミーを卒業し、老人ホームの利用者様に、ハンドマッサージをさせて頂きました。私にとっては、プロのエステティシャンとして初めての施術であり、利用者様にとっては、老人ホームに入ってから初めてのサービスでした。

施術前は「何をするんだろう」と不安げだった利用者様から、施術後に「本当に良かったよ」「ありがとう」とたくさんのお喜びの言葉を頂きました。

ひとりのエステティシャンとして、私も本当にうれしかったです。食を通じてカラダの栄養を提供する栄養士としての私と、エステを通じて心の栄養を提供するエステティシャンの私として、これからもたくさんの利用者様に喜んで頂きたいと思っています。

アクセス